Windows 10:WSUS経由でスムーズにWindows Updateを実行する

1. 問題


WSUSを利用したWindows 10のWindows Updateを実行してもエラーコード「0x8024401c」が表示され、Windows Updateに失敗した。

2. 原因


結論から言うとWSUSサーバー側の不具合。
どうやらWindows 10/Windows Server 2016の更新プログラムを同期しているWSUSサーバーの負荷が高くなり、WsusPoolが停止することにより発生している模様。
実際にWindows 10のWindows Update実行中のWSUSサーバーのリソースを確認しましたがCPU使用率が急激に高くなりほぼ100%で張りついている状況でした。

詳細については以下のMicrosoftサイトを参照ください。

Japan WSUS Support Team Blog:Windows 10 / Windows Server 2016 を管理している環境で WSUS サーバーの負荷が高騰する

3. 解決方法


本事象を改善する更新プログラムを適用します。

OS KB番号
Windows Server 2012 KB4039873
Windows Server 2012 R2 KB4039871
Windows Server 2016 KB4039396

※以下の画面はWindows Server 2012 R2の場合です。
 

  1. [はい(Y)]をクリックします。
     

     
  2. 以下の通り更新プログラムがインストールされます。
     

     
  3. [今すぐ再起動]をクリックします。
     

     
  4. 再起動後、正常にWindows 10にてWindows Updateが実行できました。
    更新プログラムの検出、状態レポートの報告もスムーズに行われる様になります。

4. 利用環境


Windows Server 2012 R2 64bit
Windows 10 Pro 64bit (バージョン:1607)